Q&A恋愛・結婚・婚活のQ&A

  • Q.結婚するには何から始めたら良いの?

    結婚するための最初のステップは、自分の“理想の結婚相手”について考えることです。

    結婚する相手のことを想像したことはありますか?理想の結婚相手について想像するのはとても楽しいですし、重要なことでもあります。

    結婚に近いか、そうでないかの差は、”結婚相手のことをどう想像しているか”によって生まれます。最も特徴的な違いは、結婚に近い人の方が相手に条件を求め過ぎていない、ということです。

    「こんな人と結婚できたらいいな」という希望とともに、結婚相手を想像することはまったく問題ありません。しかし、「最低でも年収1000万はないとイヤ」など高収入を求め過ぎている場合や、「容姿がタイプでなければ絶対にイヤ」といった見た目を重視し過ぎている場合は要注意。

    条件が厳しすぎることで相手の幅を極端に狭め、結婚を遠ざけてしまいます。

    自分の理想を思い描くときは、現実的にどの部分が一番重要なのかの考えを持っておきましょう。

    年収にしても、ルックスにしても、自分の“理想”のみにこだわるのではなく、自分は何を重視しているのか、何が譲れないのか、自分自身の判断基準を設けておくと良いでしょう。

    そうすれば、結婚相手をいざ探すとなった際に、自分に最適な理想の相手を見つけ出せる可能性が高まります。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/start/01.html

  • Q.婚活や結婚するために必要なお金って?

    結婚するためにお金が必要になるということは、忘れてはいけない重要なポイントです。

    どのようなサービスを利用するにしろ、まず婚活をするためにはお金が必要です。

    さらに、いざ結婚をするとなった際には結婚(婚約)指輪や両家の顔合わせのための食事、挙式や披露宴の費用が必要となってきます。結婚という人生の一大イベントにかかるお金は、急に用意できるものではないので、日々の暮らしの中で結婚資金を貯めておくと、いざという時に安心です。結婚をいつまでにしたいのかを含め、自分が描く結婚をイメージして、それを実現させるためにはどのくらいの資金を用意しておくべきなのかを逆算しておくと良いでしょう。

     

    毎日の生活の中で貯金をしていくのであれば、まずお金の流れを確認しておく必要があります。どの程度の固定支出があって、どの程度であれば毎月結婚のための貯金に回せるかを、一度紙に書いたりスマホの家計簿アプリなどを活用して目に見えるようにしておくと良いでしょう。すると、より具体的に結婚実現のために貯めるべきお金をイメージしやすくなります。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/start/01.html

  • Q.相手の年収ってやっぱり重要?

    年収に関しては、そもそも相手の収入額が気になるという方と、結婚相手と自分の年収差が気になるという方がいらっしゃいます。

    それぞれにどのような特徴があるのかを事前に知っておくことで、実際の婚活でも対応できるようになります。

     

    相手の収入額が気になるという方の場合、主に女性に多い傾向ではありますが、「結婚相手には年収いくら以上」といったように結婚相手を絞り込む条件としている方がほとんどです。

    平均年収よりも上だと、高い生活水準で暮らせるという判断からか、一般的には結婚相手の男性に年収500万円以上を望む声が多い状況です。

    また、年収の少ない男性ほど“相手にも仕事をしてほしい”と希望する傾向にあるようです。

    年収は生活に直結するため、お金はあった方がよいという考えのもと、平均より高い年収を望む人が多いですが、“平均以上”の人を求めるとその分お相手の人数も制限されてしまいます。

    一部の富裕層が平均年収を押し上げている現実から、平均年収以下の男女が多いということも忘れてはなりません。

    実際の生活では、入ってきたお金をどう使うかが大事であり、実際に高額年収世帯でも使い方によっては余裕がない生活をしているというケースも存在します。高い収入があれば必ず裕福な生活につながるとは限らないことを頭の片隅に置いておきましょう。

     

    また、男女どちらの年収が多いかによっても問題が変わってきます。

    男性の年収が圧倒的に多いと、その反面仕事が大変であり、家庭に費やす時間が減るのではないかと女性側が心配になるケースも多く、逆に女性の年収が高い場合は、男性側に「申し訳ない」という後ろめたい気持ちが芽生えてしまいやすいのです。

     

    収入差があることで金銭感覚の違いが発生し、それが結婚後にトラブルにつながるといったことも考えられますので注意が必要です。

     

    お金は結婚生活に直結する重要な項目ですが、年収ばかりにとらわれず”寄り添い信頼しあえる関係性でいられる相手”を探すことが求められます。

     

    婚活中は相手の年収が気になるけれどなかなか聞き出せないという方も多いはず。実際に、相手にストレートに年収を質問して、相手から意外な答えが返ってきた際、戸惑って交際へ発展できなかったということを耳にします。いい人だけど、想像以上に相手の年収が少なかった…と肩を落とす人もいるといいます。

     

    そういった失敗を避けるために、結婚相談所では年収という難しいポイントを担当者が確認し、マッチングしてくれるので、聞くに聞けないなどの心配がありません。利用には会員登録や手数料といったものは必要になりますが、結婚を望む人にとってはとても理に適った場所なのです。敷居が高いと思っている方が多いのですが、相手側もこちら側の年収についての条件を知ったうえで話が進んでいくので、交際への発展もスムーズになります。

    ネット婚活でも年収の記載がされているので、一つの目安にするとよいでしょう。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/start/03.html

  • Q. 婚活の適齢期ってあるの?

    婚活適齢期は人それぞれです。

     

    例えば、早めに婚活を始める女性の特徴として、妊娠や出産に積極的であることや、「今を変えたい」と思っている人が多いことなどが挙げられます。反対に年齢を重ねてから婚活を始める女性は、妊娠・出産のタイミングはもとより、「老後にひとりでは寂しい」と思い、始める方もいらっしゃいます。

    早めに婚活を始める男性の傾向としては、「若いパパになりたい」「一人前の男として認められたい」という思いが強くあります。家庭を持つことにより責任感も増しますし、「結婚している」ということがある種のステイタスと捉える方も少なくはありません。

     

    適齢期ではないですが、婚活女性にもっとも多い年齢層は30代だと言われています。20代前半までは「結婚なんてまだ早い」と思っていたのが、アラサーと呼ばれる年代に近づくにつれて焦りを感じるようになります。これは「女性は若い方が魅力的」といった、世間のイメージにとらわれているということもあるでしょう。

    人の魅力が年齢に左右されるわけではないと理解している女性は問題ありませんが、自分に自信がない、優柔不断で周りの意見に左右されやすいタイプの女性は、必要以上に年齢を気にしてしまいます。

     

    逆に男性であればまだまだ経済力が未熟な若年層だと自分の年齢を気にするといった傾向が見られます。婚活をするにあたって、年齢を重ねた男性の方が収入も多く魅力的なのでは…と自信をなくしてしまう男性もいるのです。

    また、経済的にも精神的にも頼りないと思われそうで、自分が今以上に頑張らなければ、といった重圧と戦いながら婚活に望む男性もいらっしゃいます。

     

    年齢だけでは判断できない部分もあること、そして同年代だからというだけで必ずいい関係が築けるというわけではないことを忘れずに婚活に望みたいところですね。お互いが求めるものが合致した相手を選んだ結果、たまたま年齢差があったということもあり得るのです。

     

    年齢差は世間体的な面で不安に思うこともあるかと思います。しかし、あくまでも結婚は自分と相手が幸せになることを考えてするべきものです。年齢だけに捉われず、その他の部分にもしっかりと目を向けて考えていきましょう。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/start/04.html

  • Q. 結婚相手の職業って大事?

    結婚相手の職業によっては自分の生活スタイルを変える必要があることを想像してみてください。比較的近い地域でお互いに会社員だと、結婚する際の住居探しもスムーズにまとまりますが、勤務先が遠方であったり、職種によってはお互いの休日が異なる可能性もありますので、それらも視野に入れなければなりません。

     

    自分の思い描く結婚生活ができる職業なのかどうかは、婚活をするにあたって確認しておくべきポイントです。

     

    相手の職業を理解することにより、転勤や海外勤務の有無、休暇や労働時間、年収といった詳細を知ることができ、結婚後のライフスタイルを具体的にイメージができるようになります。

     

    「こんなはずじゃなかった」と後悔することなく、理想的な相手と出会うための重要な確認ポイントと言えるでしょう。

     

    ただ、どこに勤めているか、どのくらいの収入があって、どんな勤務形態なのか…相手に直接聞くとかなりガツガツした印象を与えてしまいかねませんし、本当のことを聞き出すのはとても難しいですよね。

     

    そういった部分をしっかりと把握できる婚活方法が、結婚相談所です。敬遠されている方もいらっしゃるかと思いますが、自分が望む相手の職業やその待遇について知ることができるのはもちろん、専門家から的確なアドバイスを聞けるのは大きなメリットといえるでしょう。自分がいいと思っていた職業が実は最適とは限らないなど、1人では気付けなかったことを知るきっかけを与えてくれます。ネットの婚活でも職種が記載されているケースが多いので、参考にしてください。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/start/05.html

  • Q. 20代の婚活ってまだ早い?

    20代での婚活はまだ早いと思っている人は要注意です。出会いが減っていることに気付かず、婚活のスタートが遅れてしまうかもしれません。

    結婚はまだ先、と思っていても20代のうちに計画的に婚活を始めて、人生設計を行いませんか。まずは情報収集のために、結婚相談所に相談するなど、具体的な第一歩を踏み出してみましょう。

     

    20代男性の婚活では若さが魅力的な武器になりますし、そもそも恋愛中の人も多いのではないでしょうか。しかし、結婚相手を条件で線引きする婚活となると、収入面では他の世代に比べて、女性に対してアピールする力が弱くなりがちです。

    そこで、早めに結婚を決めたいなら、共働きを希望する同年代をターゲットにすると結婚につながりやすくなるでしょう。年上の女性に対しては自分の将来性をアピールし、同年代の女性には共働きへの理解を訴えるようにすると、どちらの世代とも居心地の良い関係が築きやすくなります。

    女性が男性と同じように働くことを支えるために、家事ができることもアピールポイントになります。家事が苦手な人は、掃除洗濯をこまめに行ったり、自炊をする機会を増やすなど、日頃から練習しておくとよいでしょう。

     

    女性の場合、20代女性は結婚相手としても恋愛対象としても、他の年代に比べてモテやすいです。女性にとって、20代というのは多くの男性と知り合う可能性の高い時期といわれています。

    婚活をしているどの世代の男性からみても、20代の女性は年下か同年代に当たるでしょう。結婚相手として同年代や年下が選ばれやすいことからも、他の年代より有利に婚活を始められるタイミングです。

    例えば仕事との両立が心配なら、女性のキャリアに理解のある相手に絞って探すということも、他の年代よりしやすくなります。将来的に結婚願望があるなら、婚活を先送りしてしまうのはもったいないかもしれません。

     

    結婚相手としてお相手候補になりやすい20代に、婚活を始める堅実な選択肢も考える価値があるでしょう。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/point/01.html

  • Q. 30代の婚活を成功させるには?

    仕事も結婚もどちらも同じように大切にしたい30代にとって、婚活はその両立を叶えるツールです。できれば価値観の近い人、結婚後のライフスタイルをイメージできる人と出会いたくありませんか?

     

    30代といっても現実的には前半と後半とでは男性も女性も婚活市場での価値が大きく変わってしまいます。少しでも出会う可能性を上げるためにも、婚活を意識し始めた30代女性は、早めに婚活をスタートさせるのが良いでしょう。

    30代後半で婚活を始める場合、「相手に何を求めるか」より、まずは「自分は相手に何を提供できるか」を考えてみてください。30代前半までとは違う「落ち着き」や「包容力」、パートナーに頼りきらなくても自活できるある程度の経済力と生活力、そして今まで積み重ねてきた「仕事や趣味・教養」について伝える話力があると、魅力的に年を重ねてきたようにうつります。理想的なパートナーと出会える確率もあがるでしょう。

     

    男女共に、仕事の合間に情報収集ができる婚活サイトや、個別に相談できる結婚相談所などの婚活リソースを複数取り入れることで、早く良い出会いにたどり着く確率が上がります。

    また、30代の男女がすぐにでも婚活を始めたいと本気で思ったら、結婚相談所を検討すると良いでしょう。結婚意欲が高い人が集まっているため、効率的にパートナーを探せます。

     

    また、ひと月当りに紹介してくれる相手の数が多い相談所では短期間で良い縁に巡り合う確率が高まります。信頼できるコーディネーターに本気で相談して結婚に向き合うことが、良縁への近道となるでしょう。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/point/02.html

  • Q. 40代の婚活ってどうすれば良いの?

    40代で結婚していないと、そのまま生涯未婚となる場合が多いということを知っていますか?これまで結婚に成功してこなかった理由はさまざまでしょうが、40代の男女が婚活を成功させるには、一人一人のケースに個別対応してくれる婚活コーディネーターなどを利用すると良いでしょう。結婚相談所など一つ一つの出会いを大切にするスタイルが40代の婚活にはおすすめできます。

     

    晩婚化と言っても、初婚の平均年齢は30歳前後。そのため、機会があれば40代になってもいずれ結婚できるという感覚はなかなか厳しいと言えます。男性でも女性でも結婚願望があるのであれば、40代に入ったのなら積極的に婚活を始めるタイミングです。待っているだけでは、結婚を意識した付き合いに発展する出会いの確率は高くないと思った方がよいでしょう。

     

    中にはかつて婚活をしていた人もいるかもしれません。一度婚活に失敗した人も、自分の条件が変われば、紹介される相手も変わってきます。今の自分にベストな相手を探す婚活が、結婚につながる最後の道だと思って頑張っている人も多数みられます。 経済的な余裕や、40代らしい落ち着きなどをアピールポイントにして、短期集中で婚活に取り組んでみると、これまで感じられなかった結婚への手ごたえがあるかもしれません。

    また、40代の結婚では、再婚や子連れ婚なども考えられます。経済的に安定するために、再婚を求めるシングルマザーもいます。相手の状況を理解したうえで、カップルになる人たちもいるので、年齢や家庭状況だけで婚活をあきらめる必要はありません。

    また、相手に多くを求めず、ある程度なりゆきにまかせることも大切です。条件の良い相手が、必ずしも自分と気が合うとは限りません。相手に注文をつけすぎると、出会いの可能性すら狭めることになってしまいます。

     

    趣味の教室などで楽しみながら出会いの場を広げる婚活も良いですが、お見合いや、結婚相談所での紹介といった一歩踏み込んだ婚活も選択肢に入れましょう。その中で出会った人を一人一人を丁寧に見ていくことが、結婚という心の安定につながる道となるでしょう。

    40代で婚活をする人には、それぞれのケースにしっかり寄り添ってくれる結婚相談所が向いています。結婚を知り尽くしたプロのアドバイスで、結婚までの道筋を突き進みましょう。

     

    一緒にサポートしてくれる、信頼できるコーディネーターのいる結婚相談所は、くじけそうな心を支えてくれる大切な柱になってくれます。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/point/03.html

  • Q. 婚活イベント?結婚相談所?ネットで婚活?どれを選べば良いの?

    ひと言で「婚活」と言ってもいろいろなものがありますよね。それぞれ魅力も違いますし、異なる強みを持っています。

    婚活手段の中でも「婚活イベント」「結婚相談所」「ネット婚活」、それぞれのメリット・デメリットは何なのでしょうか。

     

    まずは定期的にさまざまなところで行われる「婚活イベント」。さまざまなテーマで行われることも多く、内容も多彩なことが特徴です。そんな婚活イベントの一番のメリットはやはり「出会いの多さ」にあるでしょう。毎回数十人~数百人規模で行われているので、1回参加しただけでも、かなりの人数の異性と会うことができます。また、なかにはおいしい料理やお酒、スイーツを楽しむというコンセプトのものがあり、異性と出会う以外の楽しみを見出すこともできたり、趣味の分野に特化した出会いが期待できたりするものもあります。

    「収入〇〇以上限定」、「〇〇出身者限定」など参加者の属性を限定したイベントもあり、お相手に求める条件が明確な場合は、こういった限定条件つきのイベントに参加すると、よりマッチした方に出会える可能性が高くなるかもしれません。

    また、一回の参加費は数千円のところが多く、友人連れの参加でも基本的に歓迎なので婚活を始めるにはまずは婚活イベントから気軽に参加する、という方法もよいでしょう。

    婚活イベントは、1回ずつ費用を払う形式ですので、自分がしたいときに婚活できることも大きな特徴のひとつです。また、婚活にあまり費用をかけたくないという人にもお勧めです。

    婚活イベントは、多くの方と出会えるというメリットがある一方で、出会った後で2人の仲を深められるかは、ご自身のコミュニケーション能力にかかっているという側面もあります。

    というのは、多くの方と話せるイベント設計になっている場合が多いため、同じ方と話せる時間が数分間程度のため、出会ってもその場でなかなかお相手のことを深くまでは知ることができなかったりもします。話せる時間が限られているお相手に対して、その出会いを次に持ち込めるかどうか、という点ではご自身のコミュニケーション能力にかかっていると言えます。イベント後のメールのやり取りやデートの約束をするためのコミュニケーションに自信のない人には少しハードルが高いかもしれません。

    相手が「また会いたい」と思うには、こちらに好印象を持ってもらう必要があります。イベント参加前に「こんな方だったら二回目も会いたいから必ず連絡先を聞こう」と相手のイメージをふくらませてみたり、「短い時間で必ずこれは聞いておこう、話しておこう」と会話の準備をしておくとよいでしょう。

     

    次に「結婚相談所」についてそのメリット・デメリットを紹介していきましょう。

    結婚相談所は、他の婚活手段と比べて費用面がかかることがデメリットとして挙げられます。しかし、費用をかけた分、結婚への近道になる可能性が高いといえます。

    結婚相談所では担当のスタッフが手厚く、出会いから結婚までサポートをしてくれます。どんな相手を望んでいるのかなど、自分の考えをしっかりコーディネーターに伝えましょう。そして理想の相手がいたら自分から申し込みをするという気持ちも大切です。積極的に取り組むことでマッチングした相手と出会うチャンスは格段に広がり、楽しく婚活することができます。

    ちなみにスタッフは婚活のプロですから、アドバイスもしてくれ、結婚まで全面的に応援してくれます。年収や趣味、その他自分の理想の条件にマッチした人と出会う可能性が高まります。

    結婚相談所は、自分と同じように結婚への意識が高い相手と出会えるという面でも、結婚に近い婚活手段と言えるでしょう。ちなみにお断りするときも、結婚相談所側で行ってもらえるため安心して利用できますね。

     

    最後に「ネット婚活」についてです。

    最近増え始めているネット婚活はお手軽にたくさんの人に出会えるところがおすすめです。

    複数のサービスに登録する方も多く、非常に活用しやすいツールです。

    ただし、簡単に多くの人とマッチングできる反面、マッチングしても連絡が取れなかったり、人気のある人が集中したり、会うところまで持っていけるかはその方のコミュニケーション力次第になります。

     

    複数のサービスを併行して婚活する方も多いので、自分に合ったサービスを利用してみましょう。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    http://zexy-en-soudan.net/column/marriage/01.html

  • Q. 婚活してるって恥ずかしくない?

    そもそも婚活を恥ずかしいと思う人は、周りからの目を非常に気にしています。「あの人モテないんだな」と思われたり「結婚に焦りすぎじゃない?」と言われたりするのが嫌で、結婚相談所やネット婚活に踏み切れない人が多いのではないでしょうか。また、婚活サービスを利用して結婚をした際に「結婚相談所や婚活イベントで出会った」とは言いにくいと感じていて、出会いについて聞かれるのが嫌だという人や、「お金をかけて婚活したのに結婚できなかったらどうしよう」という不安を抱えている人、「周囲に恋愛結婚が多いなかで自分だけ…」と気恥しさを感じる人も多く、婚活への抵抗感を持っている人が多くいらっしゃいます。

    このようにさまざまな理由で婚活に踏み切れない、結婚相談所に訪れることができない、という人にはぜひ婚活のメリットを知って頂ければと思います。ここでは結婚相談所を例に、利用したときのメリットなどについて紹介していきます。

     

    全国各地に結婚相談所がたくさん存在していることはご存じかと思います。逆に言えば、それだけたくさんの需要がある、つまりは利用している人が多数います。現在では比較的費用の安い結婚相談所も増えており、20代で利用する方も増えてきているため、以前よりも敷居が下がって利用しやすくなっています。ですので、一昔前のように結婚を焦っている人ばかりが利用しているというわけでもなく、結婚相談所=結婚を焦っている、というイメージは薄れていっているのではないでしょうか。また、「結婚相談所を利用していることを知られたくない」という人も多くいますが、これに関しては各社顧客情報の保護が厳守されているため、婚活している情報が第3者に流出する心配はありません。結婚相談所を利用せずに時が経ってしまうのと、結婚相談所を利用して理想の相手と結婚すること、どちらを選択するかといわれたら、言うまでもありませんよね。

    そして結婚相談所の大きなメリットは、「コーディネーターがいること」です。コーディネーターがいてくれることで、悩みがちな婚活をスムーズに行う手助けを得ることができ、安心感もあります。コーディネーターは、利用者が婚活するにあたって、理想となる条件の見つけ方や交際のアドバイスまでこと細かな手厚いサポートをしてくれます。悩みに対しても丁寧に答えてくれるので、精神的な支えができるという点でも大きなメリットと言えるでしょう。

    また、アドバイスやサポートを受けながら活動することができるため、すべてを自分ひとりで行うよりも、労力や時間を消費せずに婚活をできるということも利点です。

     

    賢く婚活することは、今後の生活において非常に大切な選択です。

    自分に合う婚活サービスを見つけて、試しにはじめてみてはいかがでしょうか。

     

    出典:ゼクシィ縁結びカウンター 婚活コラム

    https://zexy-en-soudan.net/column/marriage/05.html

結婚・婚活応援SUPPORT

STORY 先輩カップルの体験談をご紹介!

STORY 先輩カップルの体験談をご紹介!

結婚相談所、婚活パーティー、街コン、婚活サイトなどでフタリになった先輩カップルの体験談。
詳しくはこちら

結婚準備カウンター ご成婚が決まったお2人に

結婚準備カウンター ご成婚が決まったお2人に

結婚相談所でご成婚された方々のためのウエディング相談カウンターです。
詳しくはこちら

Q&A 恋愛・婚活・結婚のQ&A

Q&A 恋愛・婚活・結婚のQ&A

恋愛・婚活・結婚の疑問やお悩みを解決!
知りたい情報満載。
詳しくはこちら
page top